御在所の岩場/ルート紹介

2013/07/29

御在所・藤内壁は東海地方を代表する素晴らしい岩場です。
「前尾根」、「中尾根」、中尾根バットレス「カリフォルニア・ドリーミング」という、御在所を代表する3本のマルチは、日本のマルチピッチの中においてもかなり上質な部類と言え、3本いずれも3つ星ルートです。
また御在所の岩場は、しっかりした花崗岩の岩場であるけれど、小川山などに比べるともう少しアルパイン的な雰囲気が強く、それがまた魅力と言えます。(冬の御在所は素敵なアイスクライミングのフィールドになります)。
関東の岩場とは雰囲気、ロケーションの異なる鈴鹿の山の中で、海を眺めながら良質な花崗岩のマルチやショートルートを楽しむ……。
まだ行かれたことのない方、ぜひ一度御在所のクライミングにご一緒いたしましょう。

御在所ほか 022

 

<前尾根>
前尾根はまさに岩の尾根。尾根と言っても前穂北尾根などと異なり、5.9のクラックなども楽しめる花崗岩のリッジルートです。展望、ロケーションとも素晴らしく、御在所で最初に登りたい1本です。
御在所ほか 020

 

<中尾根>
中尾根というあまりぱっとしないネーミングですが、内容は最高です。中尾根と言っても前尾根と違い、リッジという感じではなく、傾斜の強いマルチピッチです。
数年前に1か所小さな崩壊があり、オールフリーで登れなくなってしまったのは返す返すも残念ですが、それでも素晴らしいルートであることに変わりありません。
錫杖の「左方カンテ」あたりよりもよいルートなのではないかと、初めて登った時思ったものです。
ピッチ数は5ピッチ(プラス途中に懸垂が2回)ですが、そのいずれもが5.8~5.9で、かつナチュプロ主体です。これくらいのグレードが連続するマルチって、日本にもあまりないのではないかと思います。

御在所ほか 033

 

<中尾根バットレス「カリフォルニア・ドリーミング」>
藤内壁でもひときわ目立つ美しい花崗岩のすべり台が中尾根バットレスです。
「カリフォルニア・ドリーミング」は7ピッチのルートですが、4ピッチ目に5.12aが出てくるので、3ピッチ目まで登ります。
3ピッチ目までの内容は、私が「日本一大きなすべり台」と呼んでいる、磨かれたような実に美しいスラブです。遠目に見ると手がかり足がかりがまったくなさそうに見えますが、取り付いてみてもやはり何もありません(笑)。
『日本100岩場』でのグレードは、1P)5.10a、2P)Ⅴ級(5.8くらい)、3P)5.10a ですが、体感ではもっと難しいです。このルートは去年初めて登りましたが、正直、オンサイトできてうれしかったです。スラブの好きな方、スラブに自信のある方は、ぜひトライしてみてください。
個人的には、一度7ピッチ目まですべて登ってみたいものです。
御在所ほか 008