北穂東稜と前穂北尾根

更新日:2018/05/08

北穂東稜と前穂北尾根、穂高を代表する2本のバリエーションルートを登ります。
北穂東稜はゴジラの背で知られた初級向きの岩稜。展望にすぐれ、穂高のバリエーションでぜひ最初に登ってほしい1本です。
そして前穂北尾根。言わずと知れた日本のクラシックルートであり、その美しいシルエットを眺めれば、誰しも憧れを抱かずにはいられないでしょう。
実施日)8月13日(月)〜15日(水)

場 所) 前穂高岳北尾根

集 合) 唐沢小屋/午後4時

宿 泊) 涸沢小屋

行 程) 初日)上高地〜涸沢 2日)涸沢〜北穂東稜〜北穂高岳〜涸沢 3日)涸沢〜前穂北尾根〜前穂高岳〜岳沢〜上高地

定 員) 2名

参加費) 80,000円

参加資格)クライミング経験者。懸垂下降や確保技術を習得していること


»